だから私はカウンセリング

こんにちは^^





早いもので今年ももう1ヶ月が終わったのですね


いや、マジで早い・・・




年明けてすぐの浮き足立った感も少なくなってきて

割りと穏やかな日が続いてます※体調崩してるスタッフ多いけど



まぁ、言ってみりゃ暇ってことなんですが・・


落ち着いて自分の仕事を客観的に見やすかったりもするので凄く大切なのかなー・・と



しかし、相変わらずスタッフのモチベーションは高いと感じます♪








実は少しトラブルもあったりしました



カラーモデルを積極的に呼んで練習しているスタッフがいるのですが



仕上がりが気に入らなかった・・・etc

諸々ありまして

※細かいところは伏せておきます






本人はかなり落ち込んでいる様でした



この


“お客様の望んだモノと違う仕上がりになってしまう”




これ、美容師なら誰でも何回か経験してると思います




もちろん僕もありますし、正直これからも絶対ないとは言い切れないです





それを限りなく少なくする為に1番大切なのは僕は



カウンセリング”だと思います




特に大切なのはイメージの共有かな、と





例えば

美容師が言う“少し切る”とか“少し暗くする”など



その“少し”という曖昧な表現がちゃんとお互いに通じ合っているのか?



美容師にとっては少しでも、お客様にとってはそうじゃないかもしれない




特に新規のお客様とお話する時はそんな仕上がりのイメージの差をなくすために

具体的なスタイル写真やカラーの見本を見てカウンセリングをしたりします



更にそこからお客様の好きなテイスト、普段のスタイリングやライフスタイル・施術の履歴も考慮して


尚且つ一人一人の髪質や骨格に合わせて、切り方や薬剤を決めています




そしてそれをお客様と共有するという意味でも

カウンセリングって本当に大切だと思います。






もちろん美容師さんによっては、お客様にはあまり聞かず、全て提案して決める

というスタンスの方もいると思います。



それだけの自信と経験があるからこそできるやり方ですし

美容師さんのキャラクターもかなり重要になってくるのではないかと・・


僕には真似できないwww




“初めてお会いするお客様から全てお任せにしてもらえる”

そんな絶対的な美容師、カッコイイっすねぇ・・





そして僕達美容師が扱っているのは

ハサミという“凶器”であったり“薬剤”というリスクのあるモノだ


ということを忘れてはイカンですよね




“美容師”という資格があるから扱うことが許されている、のだと


戒めないと






ちなみにそのアシスタントはちょっとカラーモデルを呼ぶことに引け目を感じてしまっている様です・・



でも僕は彼には失敗を恐れずどんどんやって欲しいと思います


・・いや

もちろん失敗するのはダメなのですけど




月並みですが、大切なのは同じ失敗を繰り返さないこと



なぜ失敗したのか?

次にそうならない為にはどうすればいいか?

それがわかったら何を勉強すれば良いのか?



そういったことを自分で考えて、実際に自分でやってみて

初めて成長するのかなぁと思います




2017年

まずは何でもやってみよう!


がスローガンのモッズヘア津田沼ですよ♪

0コメント

  • 1000 / 1000

LINE@もやってます♪ご相談はコチラからお願いします!ご予約も出来ます^^

ID【@kfx7526r】

↓ ↓ ↓

AyaLA Organic&Spa  TETSURO SATO

ご予約・撮影モデルさんのご依頼など、お気軽に連絡下さいね!