【価値観の話】君と僕

こんにちは!



秋ですね~♪


この時期の少しづつ涼しくなっていく感じが本当に好きです





さてさて



ここのところ何かふざけた記事ばかり書いていたので



たまには真面目なことを書いてみます(ФωФ)





最近、色々な美容室のオーナーさんや幹部の方にお会いする機会が多いのですが



お話を聞くと本当にためになることばかりです




あぁ・・

自分はまだまだだな・・と痛感します




自分の持っている価値観



自分の信念だったり、正しいと思うことは誰でもあるはずです


もちろんそれは持つべきものだし、それがないと浅い人間と思われてしまうかもしれません



でも、それに固執し過ぎると偏った考え方しか出来ないし


人の意見を聞く柔軟さ、というのを忘れてしまうのかなと





自分と同じ様に相手も価値観を持っていて


誰もがそれを主張する権利がある



そこに年齢や立場での優劣というのはないと僕は思っています


正解などなく、全てが正しい




学校・職場・様々なコミュニティーにおいて


「あ、この人苦手だな・・」

「何か合わないな・・」


こんなことって多分誰もが経験しているでしょう


特に美容師なんて個性が強いし



こうなると不思議なもので、その人が何をしても気に食わないと感じるようになってしまうものですw


相手を悪に仕立て上げることで自分を肯定する


感情に支配され、偏ったものさしでしか見ることのできない状態





それってやっぱり価値観の違いから起こることだと思うのですよね


自分の思った通りに人が動いてくれない



でも、よくよく考えてみればそりゃそうですよ


だって相手は自分じゃないのだから



人間が何人かいる中で

価値観が完璧に一致する人しかいない組織なんて存在するはずがない




そうなった時に

自分と合う人とだけ関わるようにしたり、派閥みたいなのを(無意識に)作ってしまうと


何も改善しないですし、そこに成長は生まれないですよね



もちろん無理して仲良くする必要なんてないと思いますけど



僕らは美容師です


接客・サービスを生業としている人種です



美容師として人に支持されたい、という思いがあるのであれば



「相手の話を聞く」 「相手の価値観を受け入れる」という姿勢は絶対的に必要ではないだろうか?




様々なお客様が来店する中で、技術はできて当然と言われている時代です


そこにプラスαしてフィーリングや接客・気遣いをお客様一人一人に合わせて提供する



それと同じ様なことを

一緒に働くたかが数名の人間にできないのであれば



たくさんのお客様に指名して頂ける美容師になるのは難しいと思います






相手の価値観を知り、自分がそこに合わせることができるキャパの広さ・コミュニケーション力


それが凄く重要になると思うし



その中でも個人的には「相手の話を聞く」ということが大切だと思っています



なぜそうしたのか?


これをすることで何がどうなって、誰がどう感じるのか?





コミュニケーションなくして信頼は得ず


仮にも店舗のマネージャーを任せてもらっている身として1番意識していることです


※必要以上に話しかけまくるってことじゃないよw





そして

様々な立場・年代・業種の人と価値観を共有することによって


自分の価値観もまた洗練されて高まっていくと信じているので


何か最近はそれを率先してやりたいと思っている段階ですw



相手を変えたければ自分を変えろ
とはよく言いますよね



柔軟な頭

謙虚な姿勢

素直な心



いつまでも無くさずに


日々生きたいものです




受け売りな部分も多いですが、共感して思ったことを素直に書かせていただきました^^




では!

0コメント

  • 1000 / 1000

LINE@もやってます♪ご相談はコチラからお願いします!ご予約も出来ます^^

ID【@kfx7526r】

↓ ↓ ↓

AyaLA Organic&Spa  TETSURO SATO

ご予約・撮影モデルさんのご依頼など、お気軽に連絡下さいね!